心揺さぶる名セリフ

心揺さぶる名セリフ

映画やドラマ、アニメの中に出てくる、心に響く名セリフをご紹介します。なるべくセリフそのものにインパクトがあるものをご紹介していますが、やはりセリフはストーリーあってのもの。 このサイトでご紹介している名セリフをきっかけに、作品自体に興味を持ってもらえたら本望です。

「挑戦を諦めたら…」アニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』の名セリフ

 

ドラえもんひみつ道具の中で

一つだけ手に入るとしたら何が欲しいですか?

 

どこでもドアやもしもボックスも人気がありそうですが

必ず上位に食い込んでくるアイテムの一つに

タイムマシンもありますよね。

 

天才科学者たちの頭脳をもってしても

未だに実現できていませんが

いつか時空を自由に移動できる日がくるのでしょうか。

 

というわけで今日は

タイムリープマシンが登場するアニメ

『シュタインズ・ゲート ゼロ』の名セリフをご紹介します。

 

キャラクターの個性が強いので

最初は少しひるむかもしれませんが

ストーリーの面白さは管理人が太鼓判を押します! 

 

 

シュタインズ・ゲート ゼロ』作品紹介

 

過去にメールを送信できる“電話レンジ(仮)”を開発した

主人公の岡部倫太郎と未来ガジェット研究所の仲間たちが

過去を改変したことによるバタフライ効果の影響で

予想外の悲劇を招いてしまった『STEINS;GATE』の続編。

紅莉栖を救うことを諦めた世界線

心に傷を抱えながら平凡な生活を送る岡部。

別人のようになってしまった岡部を仲間たちが心配する中

紅莉栖の記憶をベースにして作られた人工知能

アマデウス”に出会ってしまい…。

同名のテレビゲームから派生したアニメ作品です。

 


TVアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」PV第1弾

 

 

アニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』の名セリフ

過去にメールを送信できる“電話レンジ(仮)”によって

引き起こされた悲劇を乗り越え

シュタインズ・ゲートにたどり着いた前作とは

別の世界線を描いた続編。

 

別の世界に移動しても記憶を保持し続けられる

リーディングシュタイナーという特殊な能力を持つ

主人公の岡部倫太郎。

 

その能力によって未来を変えようとした結果

幾多の悲惨な結末を目にしてしまった岡部は

悲劇の元凶はタイムリープマシンだと信じ込み

開発を阻止しようとします。

 

タイムリープマシンを作っても未来は変えられないという岡部と

誰も犠牲にならない世界線は必ず見つかるという科学者の真帆。

 

激しい口論の後

立ち去った岡部の姿に過去の自分を重ね合わせた真帆が

わずかな希望を見出した時のセリフです。

 

挑戦を諦めたら終わり。

永遠に勝つことはできない。

(アニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』16話より引用)


研究者として紅莉栖に負け続けた真帆。

それでもこの言葉で自分を鼓舞して挑戦し続けたと語ります。

 

必ずシュタインズ・ゲートを見つけてみせるという

真帆の強い決意が伺えるセリフですね。

 

このセリフが登場する16話は大きな転換を迎えるストーリーで

他にも胸が熱くなるセリフやシーンが満載です。

 

 

PR

Amazonプライムビデオのお試し期間を利用すれば

シュタインズ・ゲート ゼロ』が無料で視聴可能です。

 

→→→ Amazonプライムビデオの無料体験はコチラ ←←←

 

本作品の配信情報は2019年5月4日時点のものです。

配信が終了している可能性がございますので

現在の配信状況については公式ホームページをご確認ください。

 

当ブログは人気ブログランキングに参加しています。

楽しんでいただけたら、バナーをクリックしていただければ嬉しいです。

あなたのひと押しが運営の励みになりますm(__)m